選ばれる理由

日経BPビズボードは、生産性をぐんと上げ、
ビジネスの種が見つかるツールです。

ビジネスでは「最新情報の収集」や「過去の成功・失敗事例」を探すことは重要。

でも「情報を探して、まとめる時間がない」というのが実情でしょう。このジレンマを解消するのが日経BPビズボード。

日経BP社の多様で深い専門誌やWebの情報を一元的に収集できます。

最小限の時間と労力で、ほしい情報がすぐ届き、業界の動向がよくわかる――この便利さが貴社のビジネスをサポートします。

収録記事数242万本以上!

日経BP社が発行する専門誌、Webサイトの記事を毎月約4,000本追加。また官公庁や企業発表のプレスリリースも検索できるので、雑誌以外の企業動向がわかります。これまで蓄積した記事やデータは242万本以上に上ります(2019年2月時点)

移動時間を使って情報をインプット!

専門家が、日経BPが発信する毎日の記事からビジネスに役立つ3本を厳選したり、旬なテーマをまとめた「ダイジェストページ」を提供。さまざまな業界の先進情報を、日経BP社の確かなコンテンツで短時間に把握できます。

豊富な事例が資料作成で安心して使える!

日経BP社は、日経グループの専門出版社。媒体ごとの専門記者たちが取材した記事は、いわば「ビジネス事例集の大全」。テーマを追ってまとめ上げた記事は、社内資料などにも安心してご利用いただけます。※利用は規約の範囲に限ります。

今なら2週間無料トライアルをご利用いただけます

無料トライアルお申込み・お問い合せ

コンテンツ内容

長く読者に支持された人気記事が
ビジネスの地平を広げる

日経BP社各誌の人気記事を日経BPビズボードでご覧いただけます。

既存業務や新規ビジネスに関するヒントが多く含まれた人気コンテンツ(有料コンテンツ含む)を活用いただけます。

コラム(一例)

日経ビジネス

日経ビジネス

「敗軍の将、兵を語る」

日経メディカル

日経メディカル

判例に学ぶ医療トラブル回避術

日経コンピュータ

日経コンピュータ

動かないコンピュータ

日経アーキテクチュア

日経アーキテクチュア

私の駆け出し時代

日経ものづくり

日経ものづくり

世界が驚く日本の微細加工技術

日経ESG

日経ESG

Leaders

メディア(一例)

雑誌メディア

日経ビジネス 日経コンピュータ 日経アーキテクチュア 日経エレクトロニクス
日経メディカル 日経トレンディ 日経ウーマン 日経ヘルス

WEBメディア

日経ビジネス電子版 日経 xTECH 日経メディカル
日経ESG経営フォーラム 日経DUAL 日経Gooday

今なら2週間無料トライアルをご利用いただけます

無料トライアルお申込み・お問い合せ

機能

日経BPビズボードの利便性を高める、
3つの主要機能をご紹介

日経BPビズボードは、単なるデータベースではありません。

情報を収集→活用するためのUIや機能が豊富です。

ここでは「効率良く情報を収集できる」と利用者からご支持いただいている便利な機能をピックアップします。

カスタムページ

ご利用時のメイン画面。設定テーマに沿った最新情報をタイムリーに得ることができます。

ダイジェストページ

日々大量に蓄積される記事の中で、日経BPビズボードが厳選した記事をお届けします。

検索機能

キーワード検索がメインですが、絞り込み機能や詳細検索など、様々な検索方法で情報到達をお手伝いします。

MYテーマ

業務に関連するキーワードやテーマを設定するだけで、最新情報が掲出されるため、必要情報を見逃しません。

クリッピング

社内・部内で共有すべき記事は、フォルダアイコンをクリックするだけで共有可能。同じ情報感度で業務を進められます。

二次利用

日経BPビズボードに掲載された情報は、利用規約の範囲であれば二次利用の申請が不要。スピーディな情報活用が可能です。

今なら2週間無料トライアルをご利用いただけます

無料トライアルお申込み・お問い合せ

導入事例

すでに多くの企業が
情報力の向上を実現しています!

導入する企業様によって使用方法は多岐に渡ります。

「朝メールで記事をチェックしたい」「部内で共有したい」「BPオススメの記事が読みたい」――

検索だけではないビジネス・データベースならではの豊富な機能で、貴社のニーズに合わせてお使いいただけます。

今日のトピックをメールで
いち早くチェックしています

複数部署で日経BPビズボードを利用しています。各部署で設定しているテーマはバラバラなのですが、設定したテーマの最新情報を見逃さないために、毎朝テーマ単位でメールを送ってくれる機能は非常に重宝しています。

皆が知っておくべき重要な情報の
共有が簡単になりました

我々のようなベンチャー企業では、いかに早く最先端の情報を得て開発に落とし込むかが勝負です。その情報を全社員、または部署単位で共有できるバインダー機能があるおかげで、開発速度が向上しました。

まずは“興味を探す”ところから
始めて深堀しています

製造業は境界領域の事業が増え、社員が知っておくべきテーマが多様化しています。新たに興味を持てるテーマを日経BPビズボードのダイジェストページで発見し、部署で利用するページにキーワードとして設定しています。

今なら2週間無料トライアルをご利用いただけます

無料トライアルお申込み・お問い合せ

導入の流れ・料金

まずは2週「無料
トライアルから!

日経BPビズボードは法人向けのデータベースサービスのため、ご利用に際してはご契約が必要です。

ただし、「契約する前に、具体的な記事を見たい」というご要望にお応えするため、2週間の無料トライアルをご用意しています。

貴社のニーズに合致すると納得いただくために、実際に日経BPビズボードの記事に触れてみてください。

無料トライアルお申込み・お問い合せ