Q&A

サービスの利用の仕方について

Q.記事を見ようとしたが表示されない。エラー画面になってしまう。

A.アクセス制御のためにあらかじめご登録している施設のIPアドレスが違っていることが考えられます。貴校のネットワーク担当者の方に、ネットワークシステムの変更などが無かったか、ご確認をお願いいたします。もしIPアドレスの変更があった場合は、弊社または代理店までご連絡ください。

ご連絡先:こちらの問い合わせフォームをご利用ください。

Q.検索結果が複数ページに渡って表示されるが、2ページ目以降に進めない/進もうとすると、エラー画面が表示される。

A.本サイトはJavaScriptの使用を前提として作成されています。ご利用のブラウザでJavaScriptを利用できるように設定してください。

Q.記事データを利用できる範囲について知りたい。

A.日経BP記事検索サービスでご提供する、弊社記事についての利用方法は以下の通りとさせていただきます。

●記事およびデータのご利用範囲について

日経BP記事検索サービスのご契約者は、日経BP記事検索サービスの提供する記事やデータを閲覧・プリントアウトすることができます。
ただし、利用申込書に記載された利用部署・部門内であっても、記事やデータをメールで配信・転送することや、電子コピーを作ることはできません。また学内LAN及び学外ネットワーク上に記事やデータそのものを掲載・流通することはできません。また、プリントアウトした記事やデータを回覧することや、ハードコピーして配布することはできません。

●記事の転載・翻訳・抜き刷り等について

記事の転載・翻訳をご希望の方は、日経BP社 著作権担当窓口に転載申請書をお送りください。その都度、専用の用紙にて申請いただく形となります。
無断転載は著作権侵害となります。なお、事前にご連絡いただいた場合でも、ご利用をお断りするケースもございます。商用の大量印刷(抜き刷り)やデジタル媒体(CD-ROM、イントラネット、インターネット等)への全文転載は基本的に有料(日経BP記事検索サービス利用料金とは別・別途見積もり)となります。予めご了承ください。
上記案件につきましては、その都度、日経BP社ライツセンター(メール)または代理店までご相談ください。

※本サービスで提供する記事データの無断転載・複製・改ざんを禁じます。 ※日経BP社サイトの著作権・リンクについてはこちら

Q.PDFデータが表示できない。

A.「日経BP記事検索サービス」でご提供しておりますPDFデータは、Adobe Systems社が提供しているAcrobat Readerにて閲覧が可能です。まず、ご利用されているPCに、Acrobat Readerがインストールされているかをご確認ください。下記のURLよりダウンロードすることが可能です。
http://www.adobe.com/jp/products/reader.html

収録されている記事データについて

Q.どんな情報が収録されていますか?

A.雑誌記事約50誌の最新号およびバックナンバーと、リリース(企業発表/官公庁・自治体発表)が入手できます。収録されている媒体は、こちらをご覧ください。

Q.最新号の検索・閲覧ができるタイミングは?

A.以下の雑誌は発行日に反映されます。

日経ビジネス、日経トップリーダー、日経エコロジー、日経BPガバメントテクノロジー、日経トップリーダーMONTHLY、日経デジタルマーケティング、日経ビッグデータ、日経コンピュータ、日経情報ストラテジー、日経SYSTEMS、日経Linux、日経ソフトウエア、日経エレクトロニクス、日経ものづくり、日経Automotive Technology、日経コミュニケーション、日経NETWORK、日経パソコン、日経PC21、日経アーキテクチュア、日経コンストラクション、日経ホームビルダー、日経メディカル、日経ヘルスケア、日経メディカル Cancer Review、日経ドラッグインフォメーション、日経デザイン、日経レストラン

日経サイエンスは発行日の1カ月後に反映されます。
それ以外の雑誌は発行日の1週間後に反映されます。

Q.探している記事が収録されていない。

A.雑誌の記事をデータ化するにあたって、寄稿記事など、弊社にニ次使用権のない記事は除外しています。また、写真や図表などにも、使用権のないデータが一部含まれています。これらをPDF形式でご覧になったときには、図表・写真の代わりに×のマークで表示されます。今後、このようなデータをできる限り減らしていくよう、対応を検討しております。何卒ご了承ください。

Q.PDFデータに検索したものと違うものが含まれている。

A.PDFデータは、雑誌のページ単位で一つのファイルにしています。そのため、一つのページ内に複数の記事がある場合は、PDFデータにおいても該当記事以外の記事も表示されます(テキストデータは該当記事のみの表示)。あらかじめご了承ください。

雑誌記事の著作権について

Q.記事を図書館でプリントして持ち帰って良い?

A.OKです。ただし、閲覧者本人のみが利用する場合に限ります。

Q.記事内の文章や図表を自分のレポートに転載したいのだが?

A.OKです。ただし、「引用の仕方」を参照の上、出典を明記してください。

Q.記事データをダウンロードして、保存しても良い?

A.NGです。記事を電子的に複製・蓄積してはいけません。

Q.記事データを学内LANやインターネットに掲載しても良い?

A.NGです。複数人がアクセスできる場所にデータを置くなどして、情報共有を図ってはいけません。