媒体名日経パソコン
発行日2001年09月03日号
コラム第2特集 知って得するWindowsの作法
タイトル知って得するWindowsの作法
サブタイトル作業効率が大幅アップ
本文

パソコンを使い込んでくると、自分なりのやり方が一番使いやすく感じるものだ。ところが、他人の操作を見て、目からうろこが落ちる経験をしたことはないだろうか。そこで、Windows 98/Meの基本操作で意外と知られていない操作法をまとめた。初心者から上級者まで、今一度自分の操作法を見直してみよう。(市川 幸弘)

アプリをスムーズに使う

ダウンロードしたファイルが見つからないこと、ありませんか?

 「インターネットからダウンロードしたはずのファイルがどうしても見つからない。本当にダウンロードできているのだろうか……?」

 このようなトラブルは、①ファイルをどのフォルダーに保存するか決めておく、②ダウンロードするファイルの名前をきちんと覚えておく、の2つを守れば解決できる。

 Internet Explorerでダウンロードを実行すると「名前を付けて保存」という画面が表示される。ここで「保存する場所」がダウンロードしたファイルを保存するフォルダーで、初期設定では「デスクトップ」になっている。「ファイル名」にはダウンロードするファイルの名前が表示される。

 そこでまず、デスクトップ上などにダウンロード専用のフォルダーを作り、「保存する場所」でこのフォルダーを指定する。次回以降はそこが「保存する場所」としてまず表示されるので、必ずこのフォルダーにダウンロードする。これでダウンロードしたファイルを見失うことはなくなるはずだ。


※サンプルのため、以下を割愛させていただきます。


Copyright (c) Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.
無断転載・複製・改ざんを禁じます