優良企業ランキング売上高、収益力、成長性の高い大手ITサービス企業

特集

ITサービス30社とネット10社 業績ランキング2019

見えた勝ち方・給与格差・構造問題

(日経コンピュータ, 2019/08/08号, 24〜25ページ掲載)

順位 企業名(売上高:2018年度)
企業名をクリックで関連記事一覧
1位 NTTデータ(2兆1636億円)
2位 大塚商会(7599億円)
3位 キヤノンマーケティングジャパン(6216億円)
4位 野村総合研究所(5012億円)
5位 伊藤忠テクノソリューションズ(4520億円)
6位 TIS(4208億円)
7位 SCSK(3587億円)
8位 日本ユニシス(2990億円)
9位 トランスコスモス(2847億円)
10位 NECネッツエスアイ(2779億円)
11位 日鉄ソリューションズ(2653億円)
12位 富士ソフト(2043億円)
13位 IIJ(インターネットイニシアティブ)(1924億円)
14位 GMOインターネット(1852億円)
15位 ネットワンシステムズ(1819億円)
16位 トレンドマイクロ(1604億円)
17位 内田洋行(1514億円)
18位 都築電気(1189億円)
19位 りらいあコミュニケーションズ(1158億円)
20位 菱洋エレクトロ(938億円)
21位 電通国際情報サービス(910億円)
22位 三菱総合研究所(903億円)
23位 DTS(867億円)
24位 オービック(742億円)
25位 兼松エレクトロニクス(674億円)
26位 NSD(619億円)
27位 TKC(616億円)
28位 システナ(597億円)
29位 JBCCホールディングス(589億円)
30位 インフォコム(517億円)
    ●日経コンピュータは2019年8月8日号の特集で、「ITサービス30社とネット10社 業績ランキング2019」を掲載した。2018年度の有価証券報告書から、各社の売上高、営業利益、営業利益の伸び率を基にランキング結果を発表している。
    ●売上高ランキング上位30社を見ると、NTTデータを筆頭に9割の企業が増収。増益企業は8割を占めた。デジタル変革や働き方改革などに伴う、ユーザー企業の積極的なIT投資の恩恵を受けた格好だ。売上高に対する営業利益率、営業利益の伸び率(いずれも2017年度比)をそれぞれ収益力ランキング、成長性ランキングとして順位付けしている。
    ●収益力、成長性ランキングで順位を上げたオービック、トレンドマイクロ、ネットワンシステムズなどの企業に共通するのは、自らを変化し、ビッグデータやサイバーセキュリティー、AI(人工知能)、DX(デジタルトランスフォーメーション)などのトレンドをうまくとらえたことによる。記事本文も併せて読んでみよう。