優良企業ランキング一歩進んだSNS活用に取り組んでいる企業

特集

ソーシャル活用売上ランキング

1位はドミノ・ピザ、LINEの新たな活用施策を見いだした企業が躍進

(日経デジタルマーケティング, 2016/03号, 4〜11ページ掲載)

順位 企業名(ブランド名)
企業名をクリックで関連記事一覧
1位 ドミノ・ピザ ジャパン(ドミノ・ピザ)
2位 ジーユー(GU)
3位 日本マクドナルド(マクドナルド)
4位 ハーゲンダッツ ジャパン(ハーゲンダッツ)
5位 ダスキン(ミスタードーナツ)
6位 セブン-イレブン・ジャパン(セブン-イレブン)
7位 ファーストリテイリング(ユニクロ/UNIQLO)
8位 日本サブウェイ(サブウェイ)
9位 良品計画(無印良品)
10位 スターバックス コーヒー ジャパン(スターバックス)
11位 ファンケル(ファンケル)
12位 明治(明治)
13位 日本ケンタッキー・フライド・チキン(ケンタッキーフライドチキン)
14位 任天堂(任天堂)
15位 オルビス(オルビス)
16位 ANAホールディングス(ANA/全日本空輸)
17位 ネスレ日本(ネスカフェ)
18位 ロクシタン(ロクシタン)
19位 ローソン(ローソン)
20位 西友(西友)
    ●FacebookやTwitter、LINE、YouTubeといったソーシャルメディアネットワークサービス(SNS)は、ほとんどの学生が利用しているのではないか。Facebookに近況を写真付きでアップしたり、Twitterでいろいろと書き込んだり、YouTubeにはスマートフォンで撮影したお気に入りの動画をアップしたり……。LINEは友達やサークル仲間、家族間で連絡するのに当たり前のように使っているだろう。
    ●これらSNSのタイムラインを眺めれば、今や多くの企業が自社製品、サービスなどの情報を積極的に流していることもわかる。SNSは個人が楽しネットツールだけでなく、企業にとって自社の認知度を上げ、製品やサービスを宣伝するための一大メディアに成長したわけだ。
    ●日経デジタルマーケティングでは、企業が開設・運営するSNSによる売上への貢献度を独自に調査、ランキング化。「いいね!」やファン(フォロワー)の数を調べるのではない点がユニークだ。ここで紹介するランキング結果は5回目で、SNS活用度が一目で分かる。調査を重ねるごとに順位も変動しているので、このランキング結果に加えて最新の変化分を解説した本文もチェックしてみよう。