優良企業ランキング社会からいま必要とされている企業

特集

善い会社

2015年版 いま必要とされる100社ランキング

(日経ビジネス, 2015/02/09号, 24〜25ページ掲載)

順位 企業名
企業名をクリックで関連記事一覧
1位 ソフトバンク
2位 ファーストリテイリング
3位 キーエンス
4位 ファナック
5位 ヤフー
6位 イオンモール
7位 楽天
8位 マニー
9位 日本たばこ産業
10位 武田薬品工業
11位 東海旅客鉄道
12位 KDDI
13位 ABCマート
14位 住友不動産
15位 ユー・エス・エス
16位 アステラス製薬
17位 トヨタ自動車
18位 SMC
19位 ナカニシ
20位 トレンドマイクロ
    ●就職活動中の学生にとって、自分が働きたいと考えている会社がどのようなビジネスを行っているのか? この当たり前の問い以上に重要なポイントが、実はある。それは「会社とは何か?」という根源的な存在理由だ。
    ●会社あるいは企業を単なる「営利組織」と定義するのは、もはや通用しなくなりつつある。働き手(社員)、顧客、取引先、地域社会、投資家──多様な利害関係者のすべてに、持続的にプラスの影響を与える組織。日経ビジネスでは、利益の向上と社会への貢献が一体化した企業を「善い会社」と定義づけ、それがいま必要とされるという。
    ●日経ビジネス2015年2月9日号の特集「善い会社」では、全上場企業3841社の過去10期にわたる経営データを基に100点満点で順位付けし、独自の「善い会社」ランキングを1位〜100位まで掲載。上位企業に共通しているのは、事業そのものが社会貢献につながっていると分析する。ランキングに併せて特集記事を読んでみよう。