JavaScriptを有効にして再読み込みしてください。

日経BP社の雑誌・調査データ・Webニュースから自由に選べる

コンテンツ配信カスタムサービス

必要な媒体だけに絞り込んで、欲しい情報をすばやく入手!

ビズボードの多彩なコンテンツの中から、御社業務に必要な媒体だけを選んで組み合わせていただける、オーダーメード情報配信サービスです。ご要望に応じて、デザインや機能、提供方法など、さまざまなカスタマイズが可能です。社内のイントラネットのほか、自社会員サイトに組み込めるなど、顧客への情報サービスとしてもご利用いただけます。詳しくは、右の「お問い合わせ」からお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

Webサイト形式でご利用

Webページ全面を使って、お選びいただいた媒体の情報をご提供します。
以下のテンプレートデザインのほか、御社だけの独自デザインにもご対応いたします。

タブに設定するキーワードを自由に決められます。例:HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)など

キーワードに関連する新着記事を表示します。自社/他社の情報や、設定したテーマに関連する情報を逃すことなくチェックできます。新着記事は毎日メールでも配信できます。

関連キーワード抽出による、他社のプレスリリースも表示できます。

キーワード抽出された雑誌記事が、「テキスト」と「PDF」でブラウザ内でご覧いただけます。

右段のエリアは、検索窓や調査統計関連のニュースおよびデータ、情報提供雑誌単位での検索などのほかにも、御社のご要望に応じて自由に表示設定が可能です。

ガジェット形式でご利用

御社の社内イントラネットなどのポータルサイトに、ガジェットとして情報をご提供します。
最新記事の配信のほか、雑誌表紙やキーワードから簡単にコンテンツを検索できます。

タブに設定するキーワードを自由に決められます。例:HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)など

キーワードに関連する新着記事を表示します。自社/他社の情報や、設定したテーマに関連する情報を逃すことなくチェックできます。新着記事は毎日メールでも配信できます。

すでに多くの企業様で導入効果を上げています。

EIPと連携
KDDI様

攻めの法人向け営業力強化の足がかりに 必読2誌の特集記事を特設サイトとして構築

法人対象の営業力を急速に強化しつつあるKDDI。高度な専門知識とソリューションの提案力を要求される法人向け営業スタッフの後方支援を目的に、「日経BPビズボード」が導入されています。さらにカスタマイズ・メニューとして、「日経コミュニケーション」「日経NETWORK」最新号の特集記事を別画面で提供。同社のイントラネットサイト経由でシームレスに閲覧できる「EIP連携型」サービスです。

教育・研修に活用
大林組様

日経パソコンから人気連載講座を抜粋。全社員向けのITスキルアップサイトを開設

社内業務を改革するためにIT技術を活用。このための企画を立案するのが大林組IT戦略企画室の業務です。今回、IT戦略企画室は「日経BPビズボード」の部隊の協力のもとITスキルアップサイトを立ち上げ、開始後1カ月間で1万5000件という予想を大きく上回るアクセス数を得ました。「日経BPビズボードが提供するコンテンツの質の高さのおかげ」と評価を得ています。

テーマを細分化
NEC特許技術情報センター様

グループ各社に提供するネットライブラリ。8つのテーマ別サイトで情報ニーズに対応

ネットライブラリサービスを、グループ企業向けに提供。キラー・コンテンツとして日経BPビズボードが採用されました。1年間の想定利用本数を、約半年で上回ってしまうという成功の鍵は、ユーザーの手間を省くシステム上の工夫と、日経BPビズボードのコンテンツの質にありました。

イントラで全社共有
新日鉄ソリューションズ様

営業職のための顧客・業界情報収集ツール。最新の技術動向、豊富なユーザー事例を確実に入手

日経BP社の記事を営業のためのツールとして活用したい−−。雑誌記事やオンラインニュースを社内から手軽に検索して利用するため、日経BPビズボードを導入しました。お客様を訪問したり提案したりする機会の多い営業職にとって、顧客やその業界を取り巻く信頼できる情報の収集は欠かせません。日経BPビズボードはそれを手軽に効率よく実現する格好の手段となっています。

会員向け情報提供
フルノシステムズ様

自ら選んだオススメ記事を自社サイトで配信しアクセス数増加と運用省力化を両立

自社ホームページ内にITや無線LANの専門ニュースサイトを開設。日経BPビズボードを利用して、自社顧客など会員登録を行ったユーザーに良質で鮮度の高い専門情報に絞り込んで提供しており、サイトの魅力向上に活用しています。「MYバインダー」機能を応用して独自の「オススメ記事」を自動選択するカスタマイズにより、1人の担当者で効率的に新鮮かつ会員の満足度の高いコンテンツ提供を実現できたことも高い評価をいただいております。