カスタムページの設定変更

オプションコンテンツ
 
 
 
 

世界スマートハウス・ビル総覧

A4判・合計 348ページ
初年度利用価格:30万円(税別)
利用可能オプションポイント(OP)上限=年間165万(OP)
コンテンツ単価=150、1500(OP)

スマートハウス/スマートビルに関連する機器/部品などの普及率、販売数量、販売単価を北米・欧州・中国・日本といった地域別に分析した調査レポート。スマートメーター、HEMS機器、次世代自動車など7分野の市場規模を大胆に予測するほか、東日本大震災後の状況をいち早く反映し、日本のみならず世界のスマートハウス/スマートビルの市場動向を見通し、2020年までの市場拡大シナリオを見える化した。

【本書の構成】

第1章 動向分析
 1.1 スマートメーター/1.2 スマートハウス・HEMS/1.3 スマートビル・BEMS/1.4 宅内ハードウエア/1.5 ソフトウエア/ネットワーク/1.6 半導体/1.7 電力・ユーティリティ
第2章 企業調査
 2.1 スマートメーター/2.2 スマートハウス・HEMS/2.3 スマートビル・BEMS/2.4 宅内ハードウエア/2.5 ソフトウエア/ネットワーク/2.6 半導体/2.7 電力・ユーティリティ
 付録1 現状の動きと今後のシナリオ(年表)/付録2 企業マップ
[増補版]
第1部●世界スマートハウス・ビル市場/技術動向
 I-1 震災後に起きた七つの変化/I-2 スマートハウス・ビル市場規模/I-3 主要プレーヤーの事業戦略マップ
第2部●世界スマートハウス・ビル企業年鑑
 
 

コンテンツ一覧

パネルを閉じる HOME お知らせ

ページの先頭へ