日経ビジネス 1997/09/08号

敗軍の将、兵を語る 人物
植野 芳子氏[コーリン鉛筆社長]
危機の老舗助けられず 新会社の設立、裏はない

 人の横顔を三角形にしたマークでおなじみだったコーリン鉛筆(東京・葛飾区)は、80年の長い歴史に幕をおろすことになりました。色鉛筆を主力商品に毎年、30億円前後の売り上げがありましたが、私が代表取締役として経営陣に入ってから、わずか2年で倒産という結果になってしまい、本当に申し訳ないと思っています。(111〜114ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5190文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 新会社・新団体・起業
車・機械・家電・工業製品 > 工業製品・グッズ > 文房具
update:19/09/24