日経ビジネス 1997/09/08号


「第2の心臓」は足裏にあり
マッサージと快適な靴を選んで健康に

 子供のころ、バスや電車に乗り椅子に座ると、すぐに靴や靴下を脱ぎたがった人は多いだろう。大人になるにつれてマナーで縛られるようになっていくが、本来は何も履かないのが自然の姿だ。台湾の一部では、家に上がる際、靴と靴下を脱ぎ裸足になる人も多い。彼らの足には魚の目やタコが少ないということだ。 現代人は足にさまざまなトラブルを抱えている。(144ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1300文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
update:19/09/24