日経ビジネス 1997/09/15号

トレンド 深層
「世界戦略車」あきらめた新型アコード
本田、日米欧で最適モデル作り分け もう輸出に頼る甘えは許されない

 本田技研工業は主力乗用車、アコードを全面改良、日本国内で9月5日に発売したのに続き、米国で同25日から売り出す。 アコードは本田の生産台数の約4分の1を占める、本田で最も売れているクルマ。同社の小型乗用車シビックとともに同一車種で世界各地の需要に対応しようとする「世界戦略車構想」を実現する最右翼でもあったが、今回の新型で、この構想から外れた。(12〜13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3081文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
ホンダ
update:19/09/24