日経ビジネス 1997/09/22号

トレンド 金融再編
拓銀・道銀の破談で浮上した公的資金論議 大蔵省には“けがの功名”? 預金保険拡充で主導権復活狙う

 来年4月に合併する予定だった北海道拓殖銀行と北海道銀行の合併が無期延期になったことで、経営が悪化した金融機関の再編に公的資金をもっと活用しようという動きが出ている。 まず、預金保険の拡充の動きが本格化し始めた。(8〜9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3320文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
北海道銀行
北海道拓殖銀行
update:19/09/24