日経ビジネス 1997/09/22号

トレンド 深層
会長にはなりたくない!?「証券業協会」が抱える矛盾
自主規制する一方で業界利益も追求 このままでは不祥事を繰り返すだけ

 次々と不祥事が露呈する証券業界で、混迷ぶりを象徴している出来事がある。日本証券業協会の会長の空席状態が続いていることだ。 事の始まりは野村証券の総会屋への利益供与事件にさかのぼる。今年3月に事件が表面化すると、日証協会長だった野村証券会長の鈴木政志氏は「任務をまっとうする自信がなくなった」と語って辞任した。(12〜13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3045文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
【記事に登場する企業】
日本証券業協会
野村證券
update:19/09/24