日経ビジネス 1997/09/22号

特集 第2部
“3種の神器”を疑え
目標管理・職務給・年俸制の改良法

 日本企業が取り入れている実力主義型の賃金・処遇制度を支えているのが、「目標管理制度」。社員一人ひとりが仕事の達成目標を設け、実際の達成度に応じて賃金が決まる制度だ。勤続年数や上司との相性などで評価が左右されにくいとされ、一見すると非常に客観性の高い制度に思われている。だが現実には、多くの管理職が客観性を疑いつつ、運用しているのが実態だ。(26〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9260文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 労働条件・給与・組合
update:19/09/24