日経ビジネス 1997/09/22号

挑む 人物
任天堂の屋台骨支えた希代の“企画屋” 横井 軍平 氏
「枯れた技術の水平思考」が持論 遊びの本質見極めた異能の人

 89年、世界中で5500万台を売り切り、今も任天堂に莫大な利益をもたらす「ゲームボーイ」。 30年の長きにわたり、これらの大ヒット玩具を次々と開発し、京都の中小企業にすぎなかった任天堂を“世界のNintendo”へと成長させるのに大きな役割を果たした男、それが横井軍平だ。 96年8月に製造本部開発第一部部長という要職を捨てて任天堂を退社。(134〜136ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4598文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
任天堂
update:19/09/24