日経ビジネス 1997/10/13号

第2特集
稟議書の呪縛
日本流の意思決定に制度疲労も

 稟議制度に関するいくつかの研究書を読むと、日本の会社で一番早く、この制度を取り入れたのは王子製紙という点で一致する。「稟議」の歴史は古く、今から120年余り前、明治初期にさかのぼる。王子製紙の前身である「抄紙しょうし会社」の記録文書の中に、「稟議書」という名前の文書が最初に表れるのは、会社設立から1年後の1874(明治7)年のことだ。(36〜41ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8715文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
王子ホールディングス
update:19/09/24