日経ビジネス 1997/10/13号

ビジネス・リポート
個人年金に踊った虚構の拡大戦略
提携ローンで加担した銀行の“暴走”止められず

 日産生命は高利回りを約束した個人年金保険を集めすぎ、価格変動の大きな株式投資などで運用ミスを重ねた結果、経営破綻に追い込まれた。経営陣の責任は重大である。 米本宏社長ら新旧経営陣は、旧日産生命の保険契約を引き継いだあおば生命に総額1億円程度の私財を寄付するというが、保険金削減などの不利益を被った契約者の怒りがこれで治まるはずもない。(92〜96ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7451文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > 保険商品・サービス
update:19/09/24