日経ビジネス 1997/10/20号

編集長インタビュー 人物
オリット・ガディッシュ氏 [ベイン・アンド・カンパニー会長]
流行の経営論に惑わされるな 指針と理念をまず打ち立てよ

 問 日本では企業の2極化現象などともいわれ、経営力の差が業績を大きく左右するようになっています。多くの企業を見てこられて、経営の良しあしを決めるものは何だと思いますか。 答 経営者の中には、流行の経営手法にとりつかれる人が少なくありません。リストラ(事業の再構築)とか、コア・コンピタンス(核となる能力)、アジル(俊敏な)経営とかですね。(70〜72ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4066文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
モトローラ
update:19/09/24