日経ビジネス 1997/11/10号

編集長インタビュー 人物
ユルゲン・E・シュレンプ氏 [ダイムラー・ベンツ会長、最高経営責任者]
民主的に創造性を汲み上げ 独裁的に意思決定し、3年先行く

 問 持ち株会社であるダイムラー・ベンツは今年4月に傘下の自動車会社メルセデス・ベンツを吸収し、あなた自らが自動車経営に携わる形にしました。その狙いは何ですか。吸収の効果は出ていますか。 答 吸収する前までは、メルセデスの取締役会で決めたことを親会社のダイムラーの取締役会で討議し、その結果をメルセデスに差し戻すという具合で、意思決定が大変でした。(70〜72ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4017文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/24