日経ビジネス 1997/11/17号

異色企業
ビスケー
高品質に流行の“隠し味” 婦人服で中高年とらえる

 「ウチなんて面白くもなんともない会社ですよ」。東京の婦人服アパレル、ビスケーの相川良夫社長はこう言って笑う。だが、「面白くない」という言葉には、実は強い自負が込められている。 「単発の大ヒットより、長く人気を保てるような商品開発」(相川社長)を意識していることを「面白くない」と表現しているのである。(61〜62ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2901文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > ファッション・衣料 > その他(ファッション・衣料)
update:19/09/24