日経ビジネス 1997/11/17号

編集長インタビュー 人物
永守 重信氏[日本電産社長]
企業買収で技術と歴史を得る ムダの多い会社ほど「買い得」

 問 ハードディスク駆動装置(HDD)用の小型モーターを中心に日本電産の業績は順調ですが、その一方で、資本参加による実質的な企業買収を年に2〜3件のペースで進めていますね。狙いは何ですか。 答 自動車や家電関係のモーターなど新しい分野に出たり、今やっている分野を掘り下げたりしたいのですが、自社でやるには限界があるんです。(104〜106ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3972文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
【記事に登場する企業】
日本電産
update:19/09/24