日経ビジネス 1997/12/01号

トレンド ドキュメント
ドキュメント 拓銀の破綻──2
地元経済をないがしろにした自業自得 道銀との合併破談、意地の泥仕合の末路

 拓銀が預金払い戻しのための資金繰りに苦しんでいた11月13日、日銀幹部は「結局、道銀の拓銀に対する警戒感を払拭できなかった。たとえ拓銀救済の形になっても、道銀の行員が風下に立つのではないかという不安を持っていることを理解できなかった」と述べた。その4日後の17日、拓銀の経営は破綻、北海道の支店は合併交渉までしていた道銀ではなく、北洋銀行へ営業譲渡された。(12〜16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4939文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
【記事に登場する企業】
北海道銀行
北海道拓殖銀行
update:19/09/24