日経ビジネス 1997/12/01号

新社長登場 人物
亀井 俊郎氏[川崎重工業]
逆境楽しむ指揮官、コスト競争へ舵取り

 今年9月から10月にかけて、社長就任後初めて全国の営業所と工場を訪問。そのとき口にしたのは、おざなりの挨拶ではなく、現場への厳しい注文だった。1997年3月期決算では売上高も経常利益も過去最高を記録したが、公共投資の抑制や国際競争の激化によって、受注環境は急速に悪化してきた。だから飛ばす檄げきにも力が入る。(172〜173ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1385文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
【記事に登場する企業】
川崎重工業
update:18/08/07