日経ビジネス 1997/12/15号

特集 第1部
第1位 東京三菱 第2位 シティバンク
ベスト20激変、半数を外資が占める

 橋本龍太郎首相が、金融システム改革を2001年までに実施するよう指示したのは昨年11月11日である。それからわずか1年余。気付いてみると金融界の地図は様変わりしてしまった。 11月3日には三洋証券、17日には北海道拓殖銀行、24日には山一証券が経営破綻。相次ぐ上場金融機関の破綻が意味するのは、市場のプレーヤーの数が減った、ということだけではない。(21〜25ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6259文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
米シティバンク
北海道拓殖銀行
update:19/09/24