日経エレクトロニクス 1998/09/21号

解説 コンピューター設計
 8プロセサ構成のXeonサーバ機 日本メーカが先陣を切る
コンピュータ設計

 米Cahners In−Stat Groupの調査によると,1997年の全世界における米Intel Corp.の86系マイクロプロセサを使ったサーバ機の出荷台数は,対前年同期比35%増の1730万台だった。同社は2002年までの間,毎年約20%ずつ出荷台数が増加するとみる。86系マイクロプロセサを搭載したサーバ機がRISC型マイクロプロセサを採用したサーバ機からシェアを奪いながら出荷台数を伸ばす。(47〜54ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7644文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > CPU・マイコン
情報システム > コンピュータ本体 > サーバーマシン*
【記事に登場する企業】
NEC
日立製作所
富士通
update:19/09/26