日経エレクトロニクス 1998/09/21号

ニュース・ダイジェスト
トヨタ,カリフォルニア州でのリコールに反論

 米国カリフォルニア州環境保護局大気資源委員会は,トヨタ自動車が同州で販売する1996年〜1998年型モデルの自動車,約33万台に搭載されている有害ガス漏れ検知コンピュータに欠陥があると指摘,リコールを命じた。これに対してトヨタは「法規に適しており,欠陥はない。リコールの取り消しを求める」(広報部)方針である。ただし,具体的な対策は検討中という。(40ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:239文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > その他(車・バイク−製造)
車・機械・家電・工業製品 > 修理・クレーム > 車・機械・家電・工業製品の修理・クレーム全般
【記事に登場する企業】
トヨタ自動車
update:19/09/26