日経エレクトロニクス 1998/10/19号

解説 DSP始動,LSIの中核に
コード効率よりも実行時間を優先,MIMDとVLIWを採用

 当社とイスラエルのI.C.COM Ltd.が共同開発した次世代DSPコア「CARMEL」では,MIMDアーキテクチャをベースに,VLIW風の独自命令セット「CLIW(Configurable Long Instruction Word)」を組み合わせた。MIMDとVLIW,それぞれの利点だけを取り出せた。MIMDを採用することで,大量の演算処理をうまく負荷分散できる。(54ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:651文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > CPU・マイコン
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > IC・LSI
update:18/08/07