日経エレクトロニクス 1998/10/19号

特集 第1部<アナログ再認識> インパクト
高周波アナログ技術, システムLSIで急浮上

 「システムLSI市場で生き残るには,アナログ技術の確保が不可欠になる」と多くの半導体メーカの技術者が口をそろえ始めている。 これまでも半導体メーカは,電子機器メーカにシステムLSI注1)を売り込むために,付加価値をつける手法の開発に取り組んできた。たとえば,IPコアの開発やDRAM混載プロセスの開発である。(116〜124ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:11116文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > IC・LSI
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > 設計(エレクトロニクス)
update:19/09/26