日経エレクトロニクス 1998/10/19号

技術速報
地上波を使うディジタル放送の暫定方式が決定, 周波数間隔2kHzのモードを追加など

 郵政大臣の諮問機関である電気通信技術審議会のデジタル放送システム委員会は,地上波を使うディジタル・テレビ放送の暫定方式を決めた。今後,東京タワーを使った実証試験などを行ない,1999年春に仕様を最終決定する。 変調方式にOFDM(直交周波数分割多重)を使うなど,概要は1997年9月に決まった暫定方式原案と同じだが,詳細には合計7項目が変更された。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:612文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:18/08/07