日経エレクトロニクス 1998/10/19号

新製品ニュース
C言語やC++で開発したプログラムに,トレースと ログ生成の自動実行機能を付加するツール

 東陽テクニカは,C言語やC++で開発したプログラムにトレースとログ生成の自動実行機能を付加するツール「BugTrapper」を発売した。ユーザに納品したプログラムをデバグするような場面に向ける。突発的に発生するバグの修正が容易になる。従来のデバガはバグを再現して得たログを解析する。しかし突発的なバグの再現が難しかった。遠隔からのデバグ作業もできる。(70ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:611文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
東陽テクニカ
update:19/09/26