日経エレクトロニクス 1998/11/02号

解説 知的財産権
電子透かし使うコピー防止技術 家電メーカ中心に一本化へ

 電子透かしを利用した映像コンテンツの不正コピー防止技術が,実用化に向けて大きく一歩踏み出しつつある。この技術の標準化作業はこれまで,乱立する複数方式の技術評価が中心だった。ここにきて,提案企業間の提携が活発になっている(図1)。 今後の企業間提携で中心になるのは家電メーカになりそうだ。(47〜52ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5698文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 著作権管理・違法コピー防止*
ビズボードスペシャル > 知的財産・特許 > その他(知的財産・特許)
update:19/09/26