日経エレクトロニクス 1998/11/02号

特集 機器メーカの選択 組み込みJava独り立ち「第1部」
Sun社の手を離れ 「細胞分裂」が始まる

 「いまやコンピュータを学ぶ学生の7,8割がJavaに触れたことがあるのではないか」(コンパイラ・メーカである米Metrowerks Corp.の日本法人で代表取締役社長を務めるJohn H. M. Cheuck氏)。 1995年に米Sun Microsystems, Inc.が評価版を公開して以来,わずか3年あまりで急速に広まったオブジェクト指向言語「Java」。(100〜107ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9412文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > プログラミング言語・開発ツール
【記事に登場する企業】
米サン・マイクロシステムズ社
update:19/09/26