日経エレクトロニクス 1998/11/02号

NETs連載講座 システムLSIを差異化するハードウエア・
集積するIPコア ブラック・ボックス化の盲点
システムLSIを差異化するハードウエア・アルゴリズム論●第1回

システムLSIの開発では,乗算器より複雑なIPコアを機器の仕様に応じて選択する必要がある。このときIPコアをブラック・ボックス化すると,とんでもないオーバ・ヘッドを抱える恐れがある。本講座は回路内部の演算手順の技術体系を,名古屋大学教授の高木直史氏が解説する。第1回目の今回は,回路向けアルゴリズムを四つの技術に分類,その全体像を紹介する。(251〜252ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2853文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > IC・LSI
【記事に登場する企業】
名古屋大学
update:19/09/26