日経エレクトロニクス 1998/11/02号

プラニング
オーセンティックのICカード, 「しゃべる」カードで新市場を開拓する

 アニメ・キャラクタの絵を描いたカードや,芸能人やスポーツ選手のブロマイドは,愛好家たちの間で人気が高い。好みのカードや写真を集めて,仲間と見せあいながら楽しむ。 こうしたカードに「しゃべる」機能を加えたのが,NECの子会社のオーセンティック(本社:神奈川県)が発売したMカードシステムである。(274ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1258文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > RFID(ICタグなど) > スマートカード(ICカード)
【記事に登場する企業】
オーセンティック
update:19/09/26