日経エレクトロニクス 1998/11/02号

ニュース・ダイジェスト
クレジット・カード会社2社を独禁法違反で提訴

 米司法省は,クレジット・カード会社大手の米Visa International社と米MasterCard International社を独占禁止法違反の容疑で提訴した。「両社が互いに競争を避けることで,技術革新が妨げられた。これにより電子決済の普及が10年遅れた」とする。さらに同省は2社が銀行に対して競合他社のカードを扱わせないなどの戦略を採っていたことも問題視している。(39ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:258文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > 金融商品・サービス
【記事に登場する企業】
米司法省
米ビザ・インターナショナル社
米マスターカード・インターナショナル社
update:19/09/26