日経エレクトロニクス 1998/11/16号

解説 自動車エレクトロニクス ITS
ITS普及に向け, 車載機装着の義務化も視野に
日本大学理工学部交通土木工学科教授 越正毅氏

 ITSについて日本政府が取り組みを本格化させたのは,1995年2月である。閣議で,高度情報通信社会の推進に向けた基本方針を決定し,そのなかにITSが盛り込まれた。 同年8月には関連5省庁が「道路・交通・車両分野における情報化実施指針」を作成,九つの開発分野を決めた。(44〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2706文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > ITS・自動車情報システム
【記事に登場する企業】
日本政府
日本大学
update:18/08/07