日経エレクトロニクス 1998/11/16号

解説 自動車エレクトロニクス ITS
高速道路での自動料金,  1999年度中に開始
建設省・道路4公団ETC推進委員会事務局 丸山信氏

 ETC(Electronic Toll Collection System)は,有料道路の料金ゲートに設置したアンテナと,自動車に搭載した車載機の間で無線通信を行ない,自動で料金を支払うシステムである。ETC対応の車載機を搭載した車両は,料金所で停止することなく,そのまま通行できるようになる。(48〜49ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2759文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > ITS・自動車情報システム
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 土木事業・事例
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木事業・事例
ビズボードスペシャル > 事例 > 土木事業・事例
update:18/08/07