日経エレクトロニクス 1998/11/16号

NETs連載講座 測定プローブの最新メカニズム集(2)
正確な測定が可能な FETプローブを使いこなせ
測定プローブの最新メカニズム集●第2回

 Bさんの問題は,プローブの変更で解決できた。受動プローブからFET(field effect transistor)プローブに変えたのである。FETプローブを使うと受動プローブに比べ,測定対象の回路に与える影響を小さくできる。しかし,そのFETプローブも万能ではない。また正しく使えなければ,正確な測定結果は得られない。まずは原理を知っておこう。(227〜228ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2461文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > 検査技術・装置(エレクトロニクス)
update:19/09/26