日経ビジネス 1998/12/14号

トレンド 深層
富士重工・川合会長逮捕——防衛産業の罠に墜ちた「名経営者」
“生命線”の受注シェア低下に危機感 会社再建で実績、自信アダに暴走?

 海上自衛隊の航空機開発をめぐる汚職事件で、富士重工業の川合勇会長が贈賄の疑いで12月1日逮捕された。同じ容疑で小暮泰之元専務も、その5日前に逮捕されており、戦前の中島飛行機の流れをくむ名門メーカーとしては前代未聞の不祥事となった。 「あの川合さんがなぜ…」。逮捕の報を聞いた富士重工の元幹部は、思わずこう漏らした。(8〜9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2460文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
SUBARU(旧:富士重工業)
UDトラックス
update:18/08/07