日経エレクトロニクス 1999/01/04号

特集 第2部<不況下の研究開発  研究トップ・インタビュー
商品は単体からシステムへ 広い視野と提携が不可欠だ

 スタンドアロンの機器ビジネスが飽和し,商品の中心はシステム製品へと移行した。システム製品は,千差万別のユーザ・ニーズに対応できるが,いろいろな使い方ができるのでマーケットがつかみにくくなる。技術者もどこに市場の中心があるのか,感性を磨く必要がある。量の変化を見て質の変化を知る システム製品の時代に対応するためには,技術者は変わらなくてはならない。(109〜110ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1501文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:18/08/07