日経情報ストラテジー 1999/03号

特集1
顧客ニーズ即応型

 顧客のニーズを一番わかっているのは、顧客自身だ。その顧客が自ら起こしたアクションに対して、できるだけ素早く的確に対応することこそ究極の受注拡大策。こうした発想で、「顧客ニーズ即応型」の営業支援システムを構築したのが高島屋と三国コカ・コーラボトリングである。(34〜35ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1937文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
高島屋
三国コカ・コーラボトリング
update:18/08/07