日経情報ストラテジー 1999/03号

特集2
全社競争力を生む 合理的な仕事の流れ
    部分最適

 機動的に情報化投資する姿勢を身につけた企業にとって次の課題となるのが、投資対象のプロジェクトに本当に「戦略性」があるかどうかを見極めることだ。この力が欠如しては、せっかくの投資が浪費になり下がる。 その際、最も重要なのが、部分最適に偏った情報システムへの投資を避けることだ。(44〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2105文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2(38〜41ページ掲載)
決まる瞬間
特集2(42〜43ページ掲載)
必要なら大胆投資 効果重視で柔軟に決断
特集2(44〜45ページ掲載)
全社競争力を生む 合理的な仕事の流れ
特集2(46〜47ページ掲載)
定常経費を切り詰めて 戦略投資に振り向ける
関連カテゴリ・企業名
update:18/08/07