日経情報ストラテジー 1999/03号

ざ・追跡
社員1万人以上が活用 プライバシー問題恐れる
NTTの世界最大データウエアハウス

 97年8月にNTTが超並列コンピュータを利用した10テラバイト(テラ=10の12乗)という世界最大級のデータウエアハウス(DWH)を構築してから、約1年半が経過した。 この当時は多くの日本企業が、複数の部門システムにばらばらに格納している顧客情報や販売実績データなどを一元管理するために、大容量DWHの構築に取り組み始めていた。(144〜145ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2852文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > データ分析・ナレッジマネジメント > テキストマイニング・データウエアハウス・ビッグデータ
【記事に登場する企業】
NTT
update:18/08/07