日経情報ストラテジー 1999/03号

躍進企業
バス運転手が気付き情報拾う
全社員がグループウエア使い顧客満足度を向上

 長崎県佐世保市を本拠とする中堅旅行業者、佐世保交通産業の貸し切りバスの運転手には、顧客の送迎を終えた後に重要な仕事が待っている。顧客名や行き先、走行距離などを記す「乗務日誌」を付けることだ。 といっても、ただの乗務日誌ではない。会社に戻った後でパソコンに向かい、顧客に同行する中で気付いた情報をこと細かにグループウエア上の乗務日誌に登録する。(162〜167ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6186文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる378円
買い物カゴに入れる(読者特価)189円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報共有システム > グループウエア
update:18/08/07