日経情報ストラテジー 1999/03号

内田和成のトレンドを読む
「Eビジネス」の勝者はばくち場の胴元

 ネットワーク時代のEビジネス(電子的な事業)では、コンテンツ(情報の中味)が重要だとか、コンテンツを押さえたものが勝者になるとよく言われる。だが、それはウソである。誰が一番もうかるかと言えば、それはEビジネスの場を設定する「胴元」だ。 かけ事(ギャンブル)で一番もうかるのは勝負師ではなく、場を開帳する胴元である。(173ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1471文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/24