日経情報ストラテジー 1999/03号

超入門・グローバル会計
錯覚生んだ含み益 今こそ経営者は 会計の知識を
連載●第3回

本誌:国際会計基準が導入されると、企業の資産が原則として時価で評価されるわけですから、いわゆる「含み益」に頼った経営ができなくなりますね。安生:ある会社の株式を30年前に100円で買ったとしましょう。30年の間にその価値が10倍になって、今は1000円の価値があるとします。ところが、今の会計では帳簿に100円のままで計上されている。(182〜183ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2850文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/24