日経ビジネス 1999/01/25号

新社長登場 人物
佐藤 良晴氏[山武]
激変期を任された「生産革新の旗手」

 1997年10月、山武は米ハネウエルとの40年以上に及ぶ資本関係と包括的な業務提携の解消を発表し、98年7月には社名を山武ハネウエルから山武へ変更した。未曽有の不況下、業績が低迷するなかでの決断だ。 佐藤良晴氏が社長に登板したのは、それから4カ月後の98年11月のことである。就任後、挨拶に回った取引先や顧客からも「大変な時期に…」という声が相次いだという。(96〜97ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1396文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
【記事に登場する企業】
アズビル
米ハニーウェル社
山武ハネウエル
update:19/09/24