日経ビジネス 1999/01/25号

新製品・新サービス
住宅メーカーが考えた狭い住宅に対応した車いす

 高齢社会を迎える今、住宅は段差のない床など、誰でも住みやすい「バリアフリー(障壁がない状態)」がキーワードだそうだ。 逆にいえば、今までは家中が“バリア(障壁)”だらけだったということ。いざ家族や自分が車いすの生活になったら、今住んでいる家の不便さが分かるだろう。部屋と廊下、部屋と部屋の間の段差を乗り越えるのは一苦労。(99ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:783文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 看護・介護 > 看護・介護機器
update:19/09/24