日経ビジネス 1999/02/22号

トレンド 深層
外資と提携する第百生命にみる不吉な前兆
経営不振改善せず生保危機再燃か 再編大詰め、最終期限は今年9月末

 1997年春に日産生命保険が破綻して以来、表面上は沈静化しているかのようだった生保危機が、再燃の兆しを強めている。長引く低金利、株安に加え、解約という形で保険契約者から不信任状を突きつけられた生保会社の経営は、当時よりも一段と厳しくなっている。複数の生保会社が再編や淘汰の対象になる可能性が高まってきた。 生保危機の再燃を象徴する出来事は、すでに起きている。(6〜7ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3036文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/24