日経ビジネス 1999/02/22号

トレンド インタビュー
 ジェームズ・ミラー マツダ社長 に聞く──1450億円融資の真相 販売会社支援でグループの経営基盤強化へ

 マツダは経営状態の悪化した販売会社を支援するため、3月末までに総額1450億円の融資を行う。返済の優先順位の低い劣後ローンとして、当初の数年間は無利子で貸し付け、系列販売会社の財務体質を強化する。支援対象には連結決算対象外の販社も含まれており、マツダの再建はグループ全体の経営基盤の強化という新たなステップに踏み出す。(9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1730文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製品・販売) > 新型・モデルチェンジ・販売体制
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製品・販売) > その他(車・バイク−製品・販売)
【記事に登場する企業】
マツダ
update:19/09/24